COMAPANY

BLUE UNITED
ATHLETICS

SCROLL

VISION

日本のアスリートが
トップレベルの
グローバルリーダーに
なるための羅針盤となる

MISSION

  • MISSION 1

    世界へ挑戦する若者のために
    無くてはならない架け橋となる

  • MISSION 2

    若者たちの夢への挑戦を最大限支援する

  • MISSION 3

    海外を志す一人ひとりに寄り添い、
    常に最適なサポートを行う

VALUE

  1. 1

    スポーツビジネスの
    最前線で得た情報を元に行う
    幅広いサポート展開

  2. 2

    全ては若者の未来の為に
    本質にこだわった進路相談

  3. 3

    個性に合わせた
    キャリア・デザイン

  4. 4

    自らの力を試す勇気、
    夢を追いかける情熱に寄り添える
    サポートスタッフ陣

  5. 5

    我々は家族であり仲間である

OUR SUPPORT

  1. PHASE 1

    Summer Campサポート

    1. 高校2年もしくは3年次の夏(7月〜8月上旬)にアメリカの大学で開催されるサマーキャンプへの参加サポート。
      • 実際に大学関係者の目の前でプレーし、直接評価を受ける事でよりアメリカの大学への進学を現実的なものにする。
      • 大学へ提出用のプロフィールシートの作成やプレー動画の制作サポート。
    2. 期間:お申し込みを頂いてから、サマーキャンプが終了するまでの期間が対象となります。
  2. PHASE 2

    留学サポート(留学前)

    1. 入学に向けた総合的な事前サポート(メインサービス)。
      • 大学側とコンタクトを取り合い、必要な英語の点数上達へ向けてのサポートや手続きの準備をサポート。
      • 個人カウンセリングやご両親との面談も複数回実施し、入学に向けてあらゆる相談にご対応致します。
      • 入学に向けた必要書類の準備などをサポート
    2. 期間:お申し込みを頂いてから、入学予定年の8月末までの期間となります。
  3. PHASE 3

    アフターサポート(留学後)

    1. 入学後も大学生活やサッカー活動についての相談対応や、その他のサポートを継続される学生へのアフターフォローサービス。
      • 基本的に遠隔でのサポートにはなりますが、必要に応じて柔軟にご対応致します。
    2. 期間:入学後1年目が対象のサポートとなります。2年目以降はご要望があれば個別にご対応させて頂きます。

TIME LINE

募集から入学までの一般的な
プロセスMAP

  1. BLUAへのコンタクト

    事前に簡単なご相談、
    面会を実施

  2. BLUAへの
    正式なお申し込み

  3. BLUAサポート費用の
    お支払い

    支払い方法はご相談の上

  4. 進学先大学の選定

  5. 選手情報の
    作成・提出


  6. サマーキャンプへの参加
    / キャンパス訪問の実施


  7. 留学事前サポート開始

    大学資料請求・作成、
    提出サポートなどを含む

  8. 大学入学手続き

    学生ビザの申請、
    渡米に向けてサポート等

  9. 入学


  10. アフターサポート

BLUA ALUMNI

  • YOSUKE HANYA

    経歴: FC東京U18 東京学芸大学 マサチューセッツ大学アマースト校 (D1)

    留学当初、アメリカの大学スポーツの規模の大きさには驚かされました。
    また、その一員である事は僕のとって誇りであり、日本では決して経験することの 出来ない事ばかりです。ぜひ勇気を持って挑戦してみてください!

    FC東京U-18を卒業後、東京学芸大学からマサチューセッツ大学アマースト校へ奨学金付きで編入学を果たす。その実績が認められ即戦力として大半の試合に出場。入部1年目にして地区の新人賞を獲得する逸材。

  • KAZUNA TAKASE

    経歴: FC東京U18 サウス・フロリダ大学 (D1)

    アメリカに渡った事で、新たな人生の可能性に気付くことが出来ました。渡米直後は様々な苦しい場面がありますが、乗り越えた先に多くの価値を見出せると感じています。アメリカでお会いしましょう!

    FC東京U-18に所属中の高校3年の夏にサウス・フロリダ大学のサマーキャンプに参加。実力と将来性を認められ奨学金付きでの入学を見事勝ち取る。1年目からベンチ入りを果たし、出場の機会を虎視眈々と狙う。

  • SHUTA OKANO

    経歴: サンフレッチェ広島U18 早稲田大学 Friends University (NAIA)

    様々な人種の集うアメリカでの文武両道生活はとても魅力的です。もちろん言語の壁など苦難も多いですが、それらが私を大きく成長させてくれると確信しています。ぜひ自分自身の可能性を広げてみてはどうでしょうか。

    自らの人間としての視野を広げ、海外のサッカーに触れるため、休学を経て短期留学を実施。サッカーレベルの向上はもちろん、世界各国から来た学生との生活を通し、将来に繋がる経験を積む。

SUPPORT STAFF

  • 中村 武彦

    President & CEO

  • 奥田 哲也

    シニア・ディレクター
    Blue United Athletics

  • Javier Sanz

    バイス・プレジデント
    国際事業開発、法務

  • 山本 遼太朗

    マネージャー
    リサーチマネージャー
    ゼネラルマネージャー
    Blue United eFC

  • 平出 直樹

    アナリスト
    リサーチ、Blue United eFC、
    選手マネジメント

COMPANY INFO

FAQ

  • 米国は大学によって様々な費用の幅がありますがその違いはなんでしょうか?
    費用は学校の教育の質と関係があります。大学のレベルが高くなるにつれ学費も高くなる傾向があります。
  • やはり費用の面で不安が残ります。州立や公立の大学は費用を安くおさえて留学することができますか?
    私立大学よりも難しい場合があります。
    州立の大学でも原則地元の学生を優先するため、海外からやって来る留学生は必然的に2−4倍のお金がかかることがあります。
    一般的に奨学金を得やすいのは私立の大学であると言われています。
  • 「コミュニティカレッジ」は安く、英語力もそこまで高水準を求められないと聞きましたが本当なのでしょうか?
    米国で最も学費が安いのは「コミュニティ・カレッジ」と呼ばれる二年制の公立大学で間違いありません。
    コミュニティカレッジの基本的な考えとして、多くの学生を受け入れ、できるだけ安価で教育や職業訓練の場を提供することを目的としています。
    そのため英語力についても4年制の大学に比べ、初めから高い英語力を求めない大学も多くあります。
  • 米国の大学に留学した方が将来の就職に有利になりますか?
    一概に有利になると断定出来ませんが、近年は日本の数多くの企業が国際経験豊かな人材を求める傾向があります。
    グローバル化を推進していく上で、海外での経験を元に主体的に物事を捉え行動できる人材が必要とされる企業もありますので、留学経験が力強いツールの一つになることは間違いありません。
  • 英語に自信がありません。米国の大学に留学したいのですが、英語力がなくても大丈夫でしょうか?
    「高い英語力が必要」と考えてしまいますが、大事なのは「英語力」よりも「学力」が求められます。
    大学の講義や運動部などでも英語力は必然的に求められますので、決して無視はせず両立を心掛けましょう。
  • 米国大学へ合格するために必要な英語のレベルを教えてください。
    TOEFLやIELTSといった英語テストが一つの基準になります。
    いずれのスコアも、アメリカの大学が留学生の合否を審査する際に参照するものですが、このスコアだけで合否が決まるわけではありません。
  • 入学を目指す場合、英語以外にもどのようなものが評価の対象になるのでしょうか?
    英語力ももちろんですが、学力についても評価の対象となります。
    学問に対する時間の管理、日々の取り組み、実行力といったことを重視しますので、中学や高校での成績証明書の評点なども重要な判断基準となります。

CONTACT

BLU Athleticsに関する
お問い合わせ、ご相談につきまして
お気軽にお問合せください。

Powered by MicroEngine

BLUE UNITED ATHLETICS

PAGETOP